アメリカザリガニ

アメリカザリガニ

(松本隆さん)05/11/14
こちらは、同館の「教科書にでてくる水のなかの生き物」コーナーにいるアメリカザリガニです。

(補足情報)
「懐かしき故郷の動物」のように語られることも多いですが、実際には移入種。

at 姫路市立水族館
by 松本隆様


分類: 節足動物門  軟甲綱  十脚目  ザリガニ科
学名: Procambarus clarkii
英名: Red swamp crayfish
別名:
特徴:

原産地は北アメリカ大陸南東部ですが、現在は各地に移植され、増えています。
日本にも第二次世界大戦前にウシガエルの餌として輸入され、これが各地で野生化したことがよく知られています。

河川の下流や池沼、水田などにふつうにみられ、飼育個体が放流されるのか都市部の公園などでもよく見かけます。

体は赤褐色で、大きなはさみ脚には赤いいぼ状の突起があります。このはさみ脚はオスでとくによく発達しています。

流れの緩やかな場所にすみ、水草から小魚に至るまで雑多なものを食べます。分布の広まった当初は、水田のイネを切ってしまうなどの農業被害が報告されましたが、最近では落ち着いているようです。

産卵後、メスは卵を自分の腹肢に付けて、ふ化するまで保護します。ふ化した仔は幼生期を経ず、すでにエビの形をして生まれてきます。

丈夫で飼いやすく、ペットとしてはすぐれていますが、定着しつつあるとはいえ帰化動物なので、安易な放流は控えたい動物です。




<アメリカザリガニ・ギャラリー>

(くらげねこさん)04/5/14
つーわけでウワサのザリ。
今日脱皮してました。
時間作ってカラを撮影しようと思ったら、あいつカラ食っちゃうのですねぇ。なくなってました。

(補足情報)
幼体です。くらげねこさんの採集個体。

(個人飼育個体)
by くらげねこ様
アメリカザリガニ(幼体)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system