アカヒレタビラ

アカヒレタビラ

(松本隆さん)05/12/30
アカヒレタビラです。
人が近付くとすぐ水草の後ろに隠れてしまうので、少し離れたところから200mm相当の望遠レンズで撮影しました。

(補足情報)
写真の個体では、あまり婚姻色は出ていないようです。島根県のものは貴重な個体。

at 宍道湖自然館ゴビウス
by 松本隆様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  コイ目  コイ科
学名: Acheilognathus tabira subsp.R
英名:
別名:
特徴:

学名の表記は「改訂版・日本の淡水魚」(山と渓谷社、2001)に従いました。

利根川以北の本州太平洋側(関東地方、福島県)、石川県以北の本州日本海側、および島根県・鳥取県に分布。ただし、山陰地方の個体群に関しては亜種セボシタビラとの関係について検討を要すると考えられているようです。

河川の下流、流れの緩やかな場所や用水、湖沼、ため池などに生息。砂底・砂泥底域に生息し、比較的深い場所にもよくみられます。餌は付着藻類など。

体高は低く、1対の口ひげがあります。体側後半には青緑色の縦条があり、その起点は腹びれの起部よりも後ろ側にあります。これらの特徴は他の2亜種と同様ですが、本種は背びれに黒斑がなく、またオスの婚姻色において、しりびれが赤く縁取られることから識別できます。

繁殖期は春で、タガイやマツカサガイ、イシガイなどの二枚貝の鰓に卵を産みつけます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system