アカハタ

アカハタ

(ジャマランディさん)05/8/29
アカハタです。この魚が泳いでいるのを見たことがありません。でも、視線をそらすといつのまにか、移動しています。

at 竹島水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハタ科
学名: Epinephelus fasciatus
英名: Blacktip grouper
別名:
特徴:

紅海・南アフリカから日本、韓国、ピトケアン諸島周辺までにかけてのインド・太平洋域に広く分布。国内でも南日本でふつうにみられます。

沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に生息し、浅場でよくみられますが、水深160m近い深所でもみられるとされています。
基本的には夜行性で、昼間は岩穴などに隠れており、夜に小型の魚類や甲殻類、その他の底棲生物を食べます。単独性。

褐色、鮮やかな赤橙色や白っぽいものなど体色には変異がありますが、和名の通り赤みがかっているのがふつうです。体表には暗色横帯が5本あり、白色斑が散らばっています。また、背びれ棘条部の先端が黒くなっているのも特徴。

しばしば食用魚として消費されています。また、水族館でもよく飼育される魚です。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system