アフリカン マッドスキッパー

アフリカンマッドスキッパー

(ジャマランディさん)06/4/13
黒い体に水玉模様がお洒落なデカいトビハゼです。

(補足情報)
巨大なトビハゼ。

at アクア・トトぎふ
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハゼ科
学名: Periophthalmus barbarus
英名: Atlantic mudskipper
別名:
特徴:

アフリカ西岸のセネガルからガンビアにかけて、およびサントメ・プリンシペなど離島に分布。

河口の泥干潟やマングローブ林にすみ、他のトビハゼ類と同様、水上で行動します。餌は小型の甲殻類や昆虫など。

トビハゼの仲間では最も大きくなる種類のひとつで、全長25cm近くなります。
体は太短く、褐色の地に暗色の斜帯があります。第1背びれの先には黒い帯があり、さらに外側は水色に縁取られています。

観賞用とされることがあります。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system