ワライカワセミ

ワライカワセミ

(carrion-crowさん)04/11/21
ワライカワセミが鳴いてるところ、初めて見た。
やってみると動物園写真って案外難しいですな。
ケージを避けて撮るのが…。

(補足情報)
独特の鳴き声でよく知られる鳥です。

at 多摩動物公園
by carrion-crow様


分類: 脊索動物門  鳥綱  ブッポウソウ目  カワセミ科
学名: Dacelo novaeguineae
英名: Laughing kookaburra
別名:
特徴:

オーストラリア南部から東部にかけて分布し、現在では人為的な移入によりタスマニア島などでも見ることができます。

低地の森林に生息し、ときには市街地の大きな公園や民家の庭先に現れることもあるようです。水辺に多く見られますが、日本のカワセミなどのように依存することはありません。

木の枝から獲物に狙いをつけ、勢いよく飛び降りて捕らえます。餌は主に爬虫類や昆虫、ネズミなど。捕らえた獲物は枝に叩きつけて弱らせてから食べます。

鳴き声は人の笑い声によく似ているといわれ、名の由来となりました。主に朝や夕方に鳴くことが多いようです。

巣穴は木の洞穴などにつくられ、一度に2〜4個の卵を産みます。子育てにはオス・メスの両親のほか、それより前に生まれた兄弟たちもヘルパーとして参加します。

ヘビを食べることからオーストラリアでは古くより益鳥されており、非常に親しまれているようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system