スミレオミカドバト

スミレオミカドバト

(muscaさん)04/11/12
この鳥、色々検索してみたんですが、なんだかわからなくて。
ハトの仲間かなぁ?と思ってるんですが

(補足情報)
ジャマランディさんのBBSへの書き込みによって、名前が判明しました。
どうもありがとうございます!

at レオマワールド
by musca様


分類: 脊索動物門  鳥綱  ハト目  ハト科
学名: Ducula rufigaster
英名: Purple-tailed imperial pigeon/Rufous-bellied imperial pigeon
別名:
特徴:

ニューギニア島、および西パプア諸島、ヤペン島など周辺の島々に分布するハトの一種。 単独性で、標高600mほどまでの低地の熱帯雨林に棲んでいます。

餌は果実や木の実を好み、主に森林の下層で餌を探します。
体長は33cm〜39cmほどで、日本のキジバトに比べると、同程度かやや大きいくらいのサイズです。

赤い目と緑色の翼、名の通りの紫色をした尾羽が美しく、特徴的。尾の先は青みがかった灰色をしています。
国内での飼育例は非常に少ないようですが、現地での個体数は割合に多いといわれています。


(解説文作成に際し、ジャマランディさんの書き込みを参考にさせていただきました)




<スミレオミカドバト・ギャラリー>

(muscaさん)07/1/29
懐かしい方の登場です。
今回は正面からキチンと捉えることができました。

(補足情報)
胸から腹にかけてはオレンジ色をしています。

at レオマワールド
by musca様
スミレオミカドバト
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system