スミレコンゴウインコ

スミレコンゴウインコ

(大ペケさん)05/6/7
ご紹介するのは、スミレコンゴウインコのメイプルちゃん (♀)です。カナダからやってきたので、この名前が付い たのだそうで。

(補足情報)
オウム・インコの仲間では世界最大。しかも美しい非常に鳥です。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  オウム目  オウム科
学名: Anodorhynchus hyacinthinus
英名: Hyacinth macaw
別名:
特徴:

ブラジル中央部、およびボリビア、パラグアイのごく一部に分布。

低地の熱帯雨林の周縁部やヤシ林など、比較的ひらけた環境に群れをつくって暮らします。限られた種のヤシの実だけを餌とし、まれに他の果実なども食べます。

名前の通り全身が濃い青色で、目の周囲とくちばしの付け根に裸出した黄色い皮膚がよく目立ちます。脚とくちばしは暗灰色です。
よく似た種類にコスミレコンゴウインコがいますが、こちらは体の色がややくすみ、くちばしの後ろの皮膚裸出部が帯状ではなく半円状になっていることから識別されます。

繁殖期は7〜12月頃とされ、大型の樹木のうろなどに2卵を産みます。

生息地が伐採によって減少されているほか、ペット用として人気が高く大量に捕獲されたことから生息数が激減しています。現在はサイテスに指定され、国際的な取引は禁止されていますが、密猟が後を絶たないようです。また、現地の住民による肉や羽毛を目的とした狩猟も未だに行われているといいます。




<スミレコンゴウインコ・ギャラリー>

(大ペケさん)05/6/25
手前に居るのがアキちゃんで、メイプルちゃんとの違いは稍鼻の穴が大きめで、目の縁取りが僅かに濃く大きい点です。

(補足情報)
脚もくちばしと同様、黒色をしています。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様
スミレコンゴウインコ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system