ショウジョウインコ

ショウジョウインコ

(ジャマランディさん)05/10/3
この仲間はニューギニア近辺に何種類もいますが、頭部が黒くないのはショウジョウインコだけなので間違いないと思います。

(補足情報)
比較的大型になる、美しいインコの仲間。

at 平川動物公園
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  オウム目  オウム科
学名: Lorius garrulus
英名: Chattering lory
別名:
特徴:

インドネシアのモルッカ島北部やハルマヘラ島など、モルッカ諸島の島々に分布。
低地から丘陵の森林、およびその周縁部などに生息し、花の蜜や果実などを餌としています。

翼やもも、および尾の先端が緑色をしている他は、全身がほぼ鮮やかな赤色である、非常に美しい鳥です。くちばしはオレンジ色。首すじに黄色い斑点をもつものもいます。

6〜11月にかけて、高さ数十mの木のうろなどに営巣し、2卵を産みます。

姿が美しいことからペット用に盛んに捕獲されており、個体数の減少が危惧されています。




<ショウジョウインコ・ギャラリー>

(A Globe-Trotterさん)05/10/2

(補足情報)
画像が小さくはっきりしませんが、おそらくショウジョウインコだと思われます。

at バードパーク
by A Globe-Trotter様
ショウジョウインコ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system