シナガチョウ

シナガチョウ

(ジャマランディさん)06/1/31
そんな大牟田からはシナガチョウを出します。ちょうどうまい具合にノーマル色と白いのとが並んでくれたので。

(補足情報)
体色には2タイプがあります。真ん中のは茶色い部分があるので交雑個体?

at 大牟田市動物園
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Anser cygnoides (家禽)
英名: Chinese goose
別名:
特徴:

サカツラガンを原種につくられた家禽で、中国で2000年以上前から飼育されてきたようですが、その家禽化の過程については分かっていない部分も多いようです。

体色には、原種のサカツラガンに近い褐色のものと全身が白色のものの2タイプがあります。サカツラガンに比べ体はでっぷりとしており、また嘴が太短く、上部が盛り上がっているのが大きな特徴です。

肉用に作出された家禽ですが、地面に生えた草をよく食べることから除草用に放飼されたり、あるいは聴覚・視覚にすぐれ、異常があると大きな声で鳴くために番犬の代わりに飼育されることもあります。

日本では、公園の池などで飼育されているのもよく見かけます。




<シナガチョウ・ギャラリー>

(大ペケさん)06/5/29
さて、ペンギンがやって来た事で割を食った感のあったアヒルとシナガチョウですが(ペンギンコーナーは、以前彼らが暮らしていたのです)、どうやら食堂前に有る白鳥池で暮らすことになっている様です。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様
シナガチョウ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system