オウゴンイカル

オウゴンイカル(オス)

(Ranさん)05/5/17

(補足情報)
いかにも熱帯らしい、色鮮やかな鳥です。写真はオス。

at ジュロンバードパーク
by Ran様


分類: 脊索動物門  鳥綱  スズメ目  ホオジロ科
学名: Pheucticus chrysopeplus
英名: Yellow grosbeak
別名:
特徴:

メキシコ西部から南部、グアテマラにかけての中央アメリカに分布。アメリカ合衆国のアリゾナでもまれに確認されることがあるようです。

森林にペア、ないしは小さな群れで暮らし、植物の種子や果実などを主に食べるほか、昆虫も餌とします。

オスは全身が鮮やかな黄色で、翼と尾羽が黒色をしています。ただし、南部にすむ亜種では頭部などがややオレンジがかるようです。翼には2列の白帯があり、尾の内側は白色です。くちばしは大型で目立ち、上くちばしの方がより黒くなります。
メスでは頭から背にかけて鈍いオリーブ色をしており、オスよりもやや地味な色彩をしています。

茂みの中に木の枝などを用いて巣をつくり、2〜5個の卵を産みます。抱卵はメスが行い、卵は11〜12日ほどでふ化します。

2005年5月現在、国内の動物園・水族館では飼育されていないものと思われます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system