ノジコ

ノジコ

(muscaさん)05/1/30

(補足情報)
日本へは夏鳥として飛来します。写真の個体はおそらくオス。

at 井の頭自然文化園
by musca様


分類: 脊索動物門  鳥綱  スズメ目  ホオジロ科
学名: Emberiza sulphurata
英名: Japanese yellow bunting
別名:
特徴:

日本には夏鳥として飛来し、本州の中部以北で繁殖します。冬は南方に渡り、フィリピンや台湾、中国南部で越冬すると考えられています。
山地の林にすみ、非繁殖期には単独か小さな群れでみられます。餌は昆虫や植物の種子など。

頭部は灰がかった緑色で、目の周りには白い縁取りがあります。背側は緑がかっており、のどから腹にかけては黄色、黒い縦条があります。
雌雄はよく似ますが、オスの方が色鮮やかで、目とくちばしの間が黒いことなどから識別できます。

繁殖地は日本だけと考えられ、近年では生息に適した環境が少なくなっていることから、個体数が減少しています。レッドデータブックでも危急種(VU)に指定されていますが、残念ながらあまり認知されてはいないようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system