モモイロペリカン

モモイロペリカン

婚姻色のかなり出てきた個体。
羽はピンクに色づき、モモイロペリカンの名にふさわしい迫力がある。

at 東山動物園


分類: 脊索動物門  鳥綱  ペリカン目  ペリカン科
学名: Pelecanus onocrotalus
英名: White pelican
別名:
特徴:

アフリカ、南ヨーロッパや中央・南アジアに分布しています。日本にも迷鳥として飛来した例があるようです。
河川や湖沼などに数十羽からときに数万羽にも達する大きな群れで暮らし、魚や甲殻類を食べます。

餌を捕らえるときには集団で隊列を組んで魚を浅瀬に追い込み、伸縮可能な喉袋に水ごと魚をすくい取ってから、水だけを吐き出します。

英名には「white」とある通り、普段は白っぽい体色をしていますが、繁殖期には全身の羽がオレンジを帯びたピンク色に染まります。また、頭の冠羽も目立つようになります。巣は地上につくり、集団で繁殖します。




<モモイロペリカン・ギャラリー>

若鳥。翼は褐色をしている。

上野動物園では、不忍池に群れで放し飼いにしている。

at 上野動物園
モモイロペリカン(若鳥)

(大ペケさん)05/12/18
ずっと独り?だったモモイロペリカンには、相方がやってきました。オスだと思っていた独り鳥はメスのペリーだと教えて頂きまして、やってきたオスはカーゴという名前だそうです。

(補足情報)
愛らしいツーショット。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様
モモイロペリカン

集団で魚を追い込んでいるシーン。

2006年現在、上野では多くの個体を広い不忍池で飼育しているため、このような摂餌行動を間近に観察できる。オススメ。

at 上野動物園
モモイロペリカン
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system