コサンケイ

コサンケイ(オス)

オスは、濃紺の光沢のある羽が美しい。

キジ類一般に言えることだが、繁殖期である春頃に見ると、隣のケージにいる別のキジのオスと張り合っているのを見ることがある。

at 上野動物園


分類: 脊索動物門  鳥綱  キジ目  キジ科
学名: Lophura edwardsi
英名: Edward's pheasant
別名:
特徴:

ベトナム中部、標高900mくらいまでの低地の森林にすむキジの仲間です。

オスでは全身が青い光沢のある羽に覆われ、顔の周囲だけ赤い皮膚が裸出します。また、頭の上の白い冠羽もよく目立ちます。
一方でメスは褐色の体をしており、多くのキジ類と同様にオスに比べると地味です。

生息地では、ベトナム戦争の影響によって数を著しく減少させており、野生のものはほぼ絶滅状態であるといわれています。
一方、飼育下での繁殖は比較的盛んであり、世界中の動物園で個体群が維持されています。




<コサンケイ・ギャラリー>

メス。
羽は褐色をしている。

at 天王寺動物園
コサンケイ(メス)

(くりかわさん)04/5/5
今日は上野で生まれたコサンケイのヒナ画像をお持ちしましたよ〜。
エサをプチプチ食べていて、とてもかわいらしかったです。

(補足情報)
キジ類のヒナは、生まれたときから自力で歩き回り、餌を食べます。
それにしてもかわいい…。

at 上野動物園
by くりかわ様
コサンケイ(ヒナ)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system