コクガン

コクガン

(リッピさん)06/2/17
さてブログにも出しましたが 珍しいと聞いたので ここにもペタリ コクガンです。

(補足情報)
天王寺の個体は、日本に飛来する亜種B.b.orientalisのようです。

at 天王寺動物園
by リッピ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Branta bernicla
英名: Brent goose
別名:
特徴:

ユーラシア大陸、北アメリカ大陸およびグリーンランドなどの北部沿岸で繁殖し、冬になるとヨーロッパや日本、中国、北アメリカ東西両岸などに渡って越冬します。

日本では冬鳥として見られ、主に北日本に飛来します。

海辺を好むガンで、砂浜や岩磯、内湾などによくみられます。海では岩に生えた海藻や内湾のアマモ、陸水では水草やその他植物の種子などを餌としています。ずっと海にいるわけではなく、しばしば湖沼などで体を洗うようです。

頭から頚、背中にかけては黒色で、腹部の側面や尻は白色です。また、頚部に白いリング状の斑紋があるのが特徴。腹部側面の色調は亜種によって異なっているとされます。

繁殖は6〜7月頃で、水辺の茂みの中に植物などで巣をつくり、3〜5卵を産みます。

日本では飛来数が減少しているとされ、国指定の天然記念物となっています。




<コクガン・ギャラリー>

ヨーロッパで越冬し、シベリアで繁殖する基亜種のネズミガン(B.b.bernicla)。

日本の亜種とは腹の白色部の色などが異なるようだが、この写真からは分かりにくい。

at 千葉市動物公園
亜種ネズミガン
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system