コジュケイ

コジュケイ

(大ペケさん)05/7/15
一回り大きくて綺麗な「ウズラ」だな!と思っていたらコジュケイだったことが判明・・・

(補足情報)
ウズラと同じキジ科の鳥。かわいらしい印象です。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  キジ目  キジ科
学名: Bambusicola thoracica
英名: Chinese bamboo partridge
別名:
特徴:

中国南東部、および台湾が原産。日本には1919年頃、狩猟用に持ち込まれたものが東京都と神奈川県に放鳥され、定着したとされています。現在では、本州以南の各地で見ることができますが、比較的暖かい場所を好むようです。

低地から山地までの林や草地に生息し、しばしば市街地の大きな公園などでもみられます。
繁殖期はつがいで過ごしますが、それ以外の時期には小群をつくり、地面を歩き回りながら植物の種子や芽、昆虫、クモなどを食べています。

額から目の上を通って首へ流れるラインと胸の上部は青灰色、頬からのど、首筋にかけては赤褐色です。体は上面が褐色、下面がクリーム色で、暗色の斑紋が散らばります。
雌雄同色ですが、オスでは脚に蹴爪があることから識別できます。

繁殖期は5〜7月頃で、くさむらの中などに巣をつくり、7〜8卵を産みます。卵はメスが温めます。

繁殖期のオスの鳴き声が「チョットコイ」と聞きなされることで知られています。




<コジュケイ・ギャラリー>

脚は強くがっしりとしており、地面を歩くのに適しているといえる。

右脚に蹴爪が見えるので、オスと思われる。

at 東山動物園
コジュケイ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system