コガモ

基亜種コガモ(オス)

(ジャマランディさん)04/12/29
そして、基亜種のオス。日本に渡ってくるのはこっちですね。

(補足情報)
基亜種A.c.crecca。各地でよくみられるのは本亜種。

at 到津の森公園
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Anas crecca
英名: Green-winged teal
別名:
特徴:

ユーラシア大陸と北アメリカに広く分布。アフリカの一部にも冬鳥として渡ります。
日本国内には冬鳥として多く飛来し、本州中部以北ではごく少数のものが残って繁殖するといわれます。

湖沼や池、河川などにみられ、非繁殖期である冬には群れで過ごします。夕方頃に活動を始め、石についている藻類や植物の種子などを食べます。環境によっては昼間でも活動することがあります。

名前の通り体は小さく、日本に飛来するカモの仲間では最小の種類。

オスは頭部が赤褐色で、目の周りから後頭部にかけてが深緑色。体は灰色がかっており、体側中央に白いラインが走っています。メスは地味で目立った斑紋はありませんが、腰の辺りに緑色の羽が見えるのがよく目立ちます。

比較的臆病な性格といわれ、市街地などでも見かけますが、カルガモやオナガガモなどの「普通種」に比べると発見される機会の少ない種類です。




<コガモ・ギャラリー>

(ジャマランディさん)04/12/29
一枚目は亜種アメリカコガモです。脇腹に白い筋があるのがこの亜種のオスの特徴です。

(補足情報)
亜種アメリカコガモ(A.c.carolinensis)です。

at とくしま動物園
by ジャマランディ様
亜種アメリカコガモ(オス)

オス。横から見るとこんな感じ。

at 智光山公園こども動物園
コガモ(オス)

(ジャマランディさん)06/10/6
代りにコガモ♂エクリプス(非繁殖羽)です。衣替えが近いようですね。

(補足情報)
エクリプスについてはオシドリ・ギャラリーの項を参照。

at とくしま動物園
by ジャマランディ様
コガモ(オス・エクリプス)

(くらげねこさん)04/12/28
近所の池になんかいろんな種類の水鳥が住み着いていて、暇見つけては撮影に行ってるわけですが近づけない・・。涙
というわけでこいつも何なのかわかりませーん。笑

(補足情報)
尻の辺りに白い部分が見えるので、コガモのオスではないでしょうか。

by くらげねこ様
コガモ(オス)

メス。全体に淡い褐色で目立った斑紋はない。
腰の部分の緑の羽がワンポイント。

at 智光山公園こども動物園
コガモ(メス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system