キンムネオナガテリムク

キンムネオナガテリムク

(リッピさん)06/7/18

(補足情報)
メタリックな体色が美しいムクドリの仲間です。

at 掛川花鳥園
by リッピ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  スズメ目  ムクドリ科
学名: Cosmopsarus regius
英名: Golden-breasted starling
別名:
特徴:

アフリカ北東部、エチオピア、ソマリアからタンザニアにかけて分布。

乾燥したサバンナや藪地などに主に生息し、3〜12羽ほどの小群で暮らします。餌は野生では昆虫がほとんどであると言われています。他にカタツムリやクモなども餌とし、飼育下では果物も食べるようです。

名前の通り、明るいオレンジ色をした腹部と長い尾羽が特徴です。背側は頭部が緑色、翼から尾にかけて紫色で、いずれも強い光沢を持っています。目の虹彩は白色。雌雄同色です。

木の洞などに植物で内張りをし、巣を作ります。卵の数は3〜5個。繁殖は群れで行い、群れの他の個体が巣作りやヒナへの給餌を手伝うという変わった生態が知られています。




<キンムネオナガテリムク・ギャラリー>

(ジャマランディさん)06/7/18
キンムネオナガテリムクですね。同じく掛川から。肝心の長い尾が写ってないけど。

at 掛川花鳥園
by ジャマランディ様
キンムネオナガテリムク

(リッピさん)06/7/21
掛川では一羽しか見かけませんでしたが もっといるのでしょうか?
お礼に長い尻尾を・・・

(補足情報)
長い尾羽も特徴です。

at 掛川花鳥園
by リッピ様
キンムネオナガテリムク

せっかくなので上野の個体も。両生爬虫類館の温室内に放し飼いにされている、のだが気づくお客さんは意外と少ない。

at 上野動物園
キンムネオナガテリムク
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system