ホシハジロ

ホシハジロ(オス)

各地の湖沼でふつうにみられる冬鳥。写真はオス。

at 東山動物園


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Aythya ferina
英名: Common pochard
別名:
特徴:

ユーラシア大陸に広く分布し、日本には冬鳥として飛来するカモの一種。
市街地の大きな公園の池などにも割によく現れ、野生個体も容易に観察することができます。

内湾や港、河川や湖沼に生息し、主に夜間、草の茎や根、植物の種子などを食べる他、潜水してエビなどの動物質の餌を食べることもあります。

オスは赤茶色の頭と赤い目が特徴。ヒドリガモのオスも赤茶色の頭をしていますが、額にクリーム色の斑があるのと、嘴や体の色などが異なっています。
メスは全身が灰褐色で、目の周りに白いリングがあるのが目立ちます。




<ホシハジロ・ギャラリー>

メス。

地味で、大きな特徴はないが、体色のパターンはオスとどこか似ている。

at 東山動物園
ホシハジロ(メス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system