ヒメコンゴウインコ

ヒメコンゴウインコ

(くりかわさん)05/7/26

(補足情報)
ちょっと地味ですが、おとなしく人にもよく馴れる鳥といいます。

at 掛川花鳥園
by くりかわ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  オウム目  オウム科
学名: Ara severa
英名: Chestnut-fronted macaw
別名:
特徴:

パナマ東部からブラジル、ボリビアにかけての南アメリカ北部に分布。
氾濫原の中の沈水林や川沿いのヤシ林などに生息し、植物の種子や果実などを餌としています。

全身が緑色をしており、顔には白い皮膚が裸出しています。また、肩と尾の裏側は赤色をしており、よく目立ちます。額には褐色の帯があり、これが英名の由来となっているようです。

巣は枯れたヤシの木のうろなどにつくり、2〜3卵を産みます。卵は28日ほどでふ化します。

しばしばペットとして飼育されます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system