ヒゲワシ

ヒゲワシ

(くりかわさん)04/4/26
ココにしかいない動物‥‥と言う事でヒゲワシを。
(ヒゲワシならすえひろさんが余り撮ってなさそうという下心コミで)
本当は食餌風景を見たかったのですが、見られませんでした‥‥‥残念!

(補足情報)
国内で飼われているのは、日本平のメス1羽のみです(2007年1月現在)。

at 日本平動物園
by くりかわ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  タカ目  タカ科
学名: Gypaetus barbatus
英名: Lammergeier
別名:
特徴:

アジアからヨーロッパにかけてと、アフリカの一部に分布します。
素晴らしい飛翔力を生かして、かなり高い山の岸壁の上にもすむことができます。

基本的にはハゲワシのような腐肉食の鳥で、死んだ動物の肉を食べたり、あるいは骨を上空から岩の上に落として、出てきた骨髄を食べたりします。
ときに小型の動物を捕らえることもあるようです。

ヒゲワシの名は、嘴の付け根から垂れる黒いひげ状の羽から付けられました。
国内外を含めて、動物園ではほとんど飼育されていない珍しい鳥です。




<ヒゲワシ・ギャラリー>

(ジャマランディさん)07/12/7
同じく日本平のヒゲワシ。友好都市の蘭州市(中国)から1985年にペアで来園。翌年に♂が死んで以来、ずっと日本でたった一羽のヒゲワシであり続けている。 ヨーロッパでは飼育下で殖やして、アルプスに野生復帰させているそうです。

at 日本平動物園
by ジャマランディ様
ヒゲワシ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system