ハクガン

ハクガン

鳥に興味のない人に見せると、アヒル呼ばわりされそうな外見。

ハクガンという名前がついているのに、首から上だけが白い青色型も存在する。

at 上野動物園


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Anser caerlescens
英名: Snow goose
別名:
特徴:

北アメリカを主な分布域としますが、日本にも江戸時代の頃までは多数が飛来していたようです。現在は稀な冬鳥として、数年に1〜2羽が確認されるのみとなってしまいました。

湖沼や河川、内湾にみられ、穀物や水草、草の根などを食べます。

白色型と青色型があり、白色型では風切羽の一部が黒い他は全身が白色、青色型では首より下が青灰色をしています。日本に飛来するのは白色型のようです。




<ハクガン・ギャラリー>

多摩で見かけた謎の個体。おそらくは幼鳥だと思うのだが…。

at 多摩動物公園
ハクガン(幼鳥?)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system