チョコキムネオオハシ

チョコキムネオオハシ

(くりかわさん)04/12/27

(補足情報)

at 掛川花鳥園
by くりかわ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  キツツキ目  オオハシ科
学名: Ramphastos brevis
英名: Choco toucan
別名:
特徴:

コロンビア西部からエクアドル北西部にかけて分布。
低地の森林に小さな群れで暮らし、他のオオハシ類と同様に果実や昆虫、トカゲ、他の鳥の卵やヒナなどを食べているものと思われます。

同属のニショクキムネオオハシによく似ており、かつてはニショクキムネの亜種の一つとされていました。
しかし、本種では下嘴がほぼ黒色であること(ニショクキムネでは赤みを帯びる)、体がやや小型であること、鳴き声が大きく異なることから現在では別種として扱われています。

ニショクキムネとして扱われてしまっている場合が多いのか、国内外を含め、動物園での飼育例は非常に少ない種のようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system