ケープペンギン

ケープペンギン

アフリカ南端はタンカーの航路であり、そのために重油流出事故の被害に合いやすいという哀しい運命を背負っている。

at サンシャイン国際水族館


分類: 脊索動物門  鳥綱  ペンギン目  ペンギン科
学名: Spheniscus demersus
英名: Jackass penguin
別名:
特徴:

アフリカ南部沿岸にみられるペンギン。現地では市街地のごく近くにまで現れることもあるようです。
群れでカタクチイワシなどの魚類を捕らえて食べ、130m近く潜ることができます。

繁殖は海岸からやや離れた、直射日光の当たらない岩陰や木の茂みの下につくり、卵を2つ産みます。

グアノの乱掘や重油流出事故による個体数の減少が懸念されています。




<ケープペンギン・ギャラリー>

幼鳥。黒白の染め分けがはっきりせず、全体に灰色っぽい。
このステージでは、どの種類なんだかよく分からない(僕には)。

at 上野動物園
ケープペンギン幼鳥

(A Globe-Trotterさん)05/10/2
野生で、南アフリカのケープペンギンです。

(補足情報)
親子の野生個体です。

at 南アフリカ(野生)
by A Globe-Trotter様
ケープペンギン

ケープペンギン(上)とフンボルトペンギン(下)の比較。

目や嘴の周辺のピンク色の部分、白いラインの太さなどが異なる。

at 上野動物園(上)
at 千葉市動物公園(下)
ケープペンギンとフンボルトペンギン
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system