アラゲインコ

アラゲインコ

(Ranさん)05/5/17

(補足情報)
数の少なくなっている大型インコです。写真には写っていませんが、黒と赤のコントラストが印象的。

at ジュロンバードパーク
by Ran様


分類: 脊索動物門  鳥綱  オウム目  オウム科
学名: Psittrichas fulgidus
英名: Pesquet's parrot
別名:
特徴:

ニューギニア高地、標高600〜1200mほどの丘陵地に分布。森林に生息し、数種のイチジクを中心に果実を食べています。

頭が大きく、くちばしは長めです。また頭部の羽毛は薄く、目からくちばしにかけては黒い皮膚が裸出しています。
背側や頭部、首、胸は黒色なのに対し、つばさの一部と腹部は鮮やかな赤で、そのコントラストの美しい鳥。

巣は大きな枯れ木の洞などにつくり、2個の卵を産みます。

現地では、羽を儀式の装飾品として用いる風習があり、そのために狩猟が行われています。一方で生息環境が減少していることもあり、個体数は少なくなっているといわれます。




<アラゲインコ・ギャラリー>

横から見た写真。写りがひどくてすみません…。

腹部が赤いのが分かる。

at ジュロンバードパーク
アラゲインコ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system