アオボウシインコ

アオボウシインコ

(muscaさん)06/5/7
アオボウシはこんな顔でした。
さっきちゃんと比較してみてみたんですが、アオボウシはクチバシの上が青いみたいですね。

(補足情報)
キソデボウシインコにやや似ますが、青色部が違います。

at 宇都宮動物園
by musca様


分類: 脊索動物門  鳥綱  オウム目  オウム科
学名: Amazona aestiva
英名: Blue-fronted amazon
別名:
特徴:

ブラジル中部からボリビア、パラグアイ、アルゼンチン北部にかけての南アメリカに分布。

林の点在するサバンナやヤシ林など、比較的ひらけた環境に好んで棲み、果実や植物の種子、花などを餌としています。

体は全体に緑色で、額の部分が青色、その周辺が黄色になっているのが大きな特徴です。ただし、顔の青色部については個体差が大きいようです。
翼には2ヶ所の赤色部があります。

産卵は12〜3月頃に行われ、木の洞や岩崖などに巣をつくります。約3卵を産み、ヒナは23〜25日後にふ化します。

馴れやすい鳥でペットとして飼育されます。




<アオボウシインコ・ギャラリー>

智光山の個体は、顔の青色部が頬の方にまで大きく広がっているのが印象的であった。

at 智光山公園こども動物園
アオボウシインコ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system