アオバト

アオバト(オス)

あまり馴染みがないが、日本の鳥である。

写真の個体はオスで、翼は赤紫色をしている。メスの翼は緑色。

at 多摩動物公園


分類: 脊索動物門  鳥綱  ハト目  ハト科
学名: Treron sieboldii
英名: Japanese green pigeon
別名:
特徴:

日本、中国南部、台湾などに分布。
ただし、繁殖が確認されているのは日本だけで、中国・台湾には冬に一部の個体が渡るのみです。国内では主に留鳥として分布しますが、北日本では冬鳥。

よく茂った森林に多く、主に樹上で木の実や種子、新芽などを食べます。単独から小群で行動するのが普通なようです。
また、集団で海岸に現れて海水を飲むという特異な生態が知られており、これはミネラル分を補給するための行動であると考えられています。

体はうぐいす色で、赤い眼と水色のくちばしがよく目立ちます。また、尾羽の裏側には白と黒の横帯模様があります。
雌雄で翼の色が異なっており、オスでは赤紫色、メスでは灰緑色であることから容易に識別することが出来ます。

樹上に枝を用いた簡単な巣をつくり、2卵を産みます。




<アオバト・ギャラリー>

こちらがメス。翼は灰緑色。

at 多摩動物公園
アオバト(メス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system