アカショウビン

アカショウビン

(くりかわさん)05/12/25
アカショウビンはいつも手前にいて撮りやすくていいですね。

(補足情報)
バード・ウォッチャーにもファンの多い鳥。

at 上野動物園
by くりかわ様


分類: 脊索動物門  鳥綱  ブッポウソウ目  カワセミ科
学名: Halcyon coromanda
英名: Ruddy kingfisher
別名:
特徴:

ヒマラヤからミャンマー、中国南部、インドシナ半島中西部を経てマレー半島、ボルネオ・スマトラ島、スラウェシ島、フィリピン、台湾、日本全域などに分布。

日本には夏鳥として飛来し、冬には東南アジア、フィリピンなどに渡ります。分布域の南部では留鳥であるようです。南西諸島のものはリュウキュウアカショウビン(H.c.bangsi)という別亜種とされます。

森林の中の渓流・湖沼近くに生息。単独かつがいで暮らし、水辺で小型の魚類やカニ、カエル、オタマジャクシなどを捕らえて食べます。多くのカワセミ類と同様、大きな獲物は枝に叩きつけて弱らせてから飲み込みます。

真っ赤で大きなくちばしが非常に印象的。背側は赤褐色で、腹はオレンジ色をしています。腰の一部は水色。

繁殖期は初夏から夏にかけてで、木の洞や崖の洞穴、キツツキの古巣などの中に営巣する他、土手に自ら巣穴を掘ることもあります。5〜6個の卵をペアが共同で育て、約21日後にヒナがふ化します。




<アカショウビン・ギャラリー>

(くりかわさん)05/12/25
病傷獣舎で保護・飼育されている個体なので、左の翼がまがっています。このこは飛べないのかもしれません。

(補足情報)
亜種リュウキュウアカショウビン。翼や尾羽が美しい赤紫色をしているのが特徴です。

at 沖縄こどもの国
by くりかわ様
亜種リュウキュウアカショウビン
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system