アカハシハジロ

アカハシハジロ(オス)

オスは派手。

まだ若鳥で、嘴に黒色部が残っている。成熟すると完全に赤くなる。

潜水ガモの名にふさわしく、動物園でもよく池に潜る様子が観察できる。

at 千葉市動物公園


分類: 脊索動物門  鳥綱  カモ目  カモ科
学名: Netta rufina
英名: Red-crested pochard
別名:
特徴:

冬は南アジアなどで越冬し、夏には中央アジア、ヨーロッパなどに渡って繁殖します。地中海沿岸など一部地域では留鳥として暮らすものもあるようです。
日本にも稀に迷鳥として飛来することがあります。

オスでは明るい茶色の頭とピンク色の嘴がよく目立ち、すぐに見分けられます。メスは上面が茶色で、嘴は灰色をしており、オスに比べるとかなり地味です。

動物園では飼いやすい種類のようで、よく繁殖もしています。




<アカハシハジロ・ギャラリー>

メスは地味。
右に一部写っているのはオスで、どうやらペアのようであった。

at 千葉市動物公園
アカハシハジロ(メス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system